ポイント

スコアアップのためのコツ一覧

このサイトをご覧になっている方には、「初心者だけどすぐにスコアアップできるコツが知りたい!」と思っている人もいるでしょう。

例えば、明日ボウリング大会なので、1点でも多くスコアを高く取る方法を知りたいという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな人たちには、フックやカーブをコントロールよく投げる方法など、練習を必要とする方法を教えてもあまり意味ないと思います。

そこで、ここではボウリング初心者がすぐにできるスコアアップのためのコツをいくつか紹介していきたいと思います。

ボールを毎回投げる前に布で拭く

ボウリングのレーンにはオイルが塗られています。

ボールを投げるたびにだんだんオイルが多く付着するため、同じ投げ方をしてもボールの軌道が微妙に変わってしまいます。

そのため、ボールを毎回投げる前に布で拭き、ボールの軌道を安定させましょう。

ボールを投げ手だけで持ち上げない

ボールを持つときに、投げ手だけで持ち上げると、投げ手に力を加えるクセがついてしまいます。

スイングの基本は余計な力を入れないことですから、必ず両手で持ってから構えましょう。

構えの時は両手で支える

構えの際も両手で支えることで、投げ手に余計な力を加えることなくスイング動作に入れます。

また、投球回数が多くなると投げ手が疲労しますので、できるだけ疲れないように両手で支えると良いでしょう。

1歩目と同時にプッシュアウェイする

4歩助走の場合、1歩目と同時にプッシュアウェイ(スイング前にボールを前に送り出す動作)をしましょう。

この動作が遅れると上手くスイング動作ができなくなるので、注意が必要です。

スイングは最初から最後までヒジを伸ばす

スイングの基本はヒジを伸ばすことです。

ヒジが曲がっていると、充分にスイングできなかったり、スイング軌道がブレたりするので注意しましょう。

スイングは振り子運動を意識する

スイング動作を安定させるためには、投げ手に余計な力を加えないということが重要です。

スイングは重力を利用した振り子運動が基本で、力で投げないように注意しましょう。

ピンではなくスパットを狙う

ボウリング初心者はボールを投げる際についついピンを見てしまいがちです。

しかし、ピンは非常に遠いため、上手く狙うことができません。

なので、ボールを投げる際にはピンではなく、レールに付いてある三角の目印のスパットを狙うようにしましょう。

ピンよりもだいぶ近いので狙いが定まりやすくなり、コントロールよく投げることができます。

ピンのど真ん中を狙わない

ピンのど真ん中を狙ってもストライクは出にくいです。

真ん中ではなく1番ピンと2番ピンまたは3番ピンの間を狙うと、ピンがドミノ倒しのように倒れてストライクが出やすくなります。

ストレートしか投げれない人も、斜めからこの辺りを狙うと良いかもしれません。

スペアを狙う時はキーピンに注目

1番で手前にあるピンをキーピンといいます。

ピンはボールに当たると、基本的には後ろに倒れるため、スペアをとるためには、キーピンにまず当てなければなりません。

そして、キーピンに当たったあとに、どの方向に飛ぶのかを予想してボールの軌道を決めましょう。

Sponsored Links

まとめ

今回はボウリング初心者のために、スコアアップのためのコツをいくつか紹介しました。

ここで紹介したコツは、練習を必要としないものばかりなので、すぐにでも実践できるでしょう。

スコアを1点でも多くとりたい人は是非試してみてくださいね。

Sponsored Links